FC2ブログ

Elena Floraの石鹸工房日誌

植物の恵みたっぷりの伝統的製法の石鹸の良さ、石鹸にまつわる事について綴っています。

淡路島の廣田農園訪問

2019年3月12日

兵庫県の淡路島で、カレンデュラ(キンセンカ)の無農薬栽培に

取り組んでいる廣田農園の廣田久美さんにお会いするために

スタッフのSさんと共に11日の夜に横浜を出発しました。

P1017016.jpg


高速をひたすら走り、朝がた宝塚辺りからポツリポツリと雨。

そこからずっと黒く暗い空と雨が降り続き、神戸市に入ってもかなりの雨。


私はかなりの晴れ女なのですが、朝の8時半を過ぎてもまだ空は暗く・・・

今回ばかりはこの暗い空が晴れるのは無理そうに思えてきたほど。

IMG_8603.jpg

だったのですが、いよいよ明石海峡大橋が近づいてくると

だんだんと空が明るくなってきて

橋を渡るときには晴れ間が・・・

IMG_8608.jpg


朝の陽ざしの気持ちの良い淡路島に上陸することができました。

景色が美しい。

カフェで一休み&朝食。

P1016910.jpg



そして、目的の廣田農園さんへ。

廣田久美さんが笑顔で迎えてくださいました。

敷地に入ってすぐの屋根の下に、乾燥するカレンデュラが

綺麗に網の上に並んでいて思わず見入ってしまいました。

大きくて八重の立派な花。

「むらじ」という品種です。


P1016934.jpg

エレナフローラでは、2016年より兵庫県の丸菱石鹸さんにOEMで発注し、

私が以前から作ってきたレシピの「カレンデュラとゴートミルクの石けん」を作っていただいています。

そのご縁で、2017年には自社で化粧品製造業と化粧品製造販売業を取得し

自社の製品にも廣田農園さんのカレンデュラを使わせて頂いてきました。


廣田さんは、お忙しい中お時間をとってくださり、

淡路島の無農薬栽培のカレンデュラ 「むらじ」について詳しくお話くださいました。

P1016954.jpg


廣田さんは50年ほどカレンデュラの栽培をされてこられました。

淡路島ではお彼岸用の仏花としてカレンデュラが使われてきました。

もちろん、その頃は農薬を使っての栽培が普通でした。

ところが、だんだんと高齢化が進み仏花としてのカレンデュラを栽培する人も

仏花としての需要も減っていきました。


ある日、ご主人がTV番組でカレンデュラを食用に利用しているのを観たのがきっかけとなり

ご夫婦で無農薬栽培で食用にもできるカレンデュラの栽培を一からスタートしました。

2014年のことです。

その後、残念ながらご主人が亡くなり

久美さんお一人で苦労しながらもカレンデュラの無農薬栽培を続けてこられました。

今年で6年目に入ります。


P1017014.jpg


さっそく畑に案内してくださいました。

わぁ!と嬉しい声を出してしまったほど一面のオレンジの鮮やかさに気持ちも高揚します。


持って帰りなさいと、蕾のたくさんついた花を選んで摘んでくださる廣田さん。

(12日の今日いただいても、横浜に戻るのは14日の夕方の予定なので
さすがに枯れてしまうからとお伝えすると、いったんシナっとなっても
水に入れるとシャキッと元気になる、本当に生命力の強い花だから大丈夫だとのこと。
それならと、ありがたく沢山のカレンデュラを新聞紙に包みそのまま水も与えずに約3日間車のトランクに入れていました。
14日に横浜に戻って水の中で切り戻しをして、花瓶に生けたら17日の今日も元気いっぱいです!)


P1016985.jpg



農薬を使って栽培していた頃には、葉は匂いが強くアクがあり

「牛にも食べさすな」と言われたほど、採った後の軍手が真っ黒でねばつきもあったそうです。

畑で実際に見せて頂いた時には、葉も生でちぎって食べられると

教えて頂き、食べてみましたがちょっとしょっぱさを感じる葉っぱの味。

苦みやクセもなく食べられました。

(しょっぱさを感じたのは、すぐ前が海だからだと思いました。)

無農薬栽培にしてから葉っぱもこれほど変わり、

葉っぱも乾燥してハーブティーにしたり、天ぷらやおひたしにもできるそう。


P1016974.jpg

長時間、笑顔でお話をしてくださった廣田久美さんから

沢山の元気をいただきました。

私の石けん工房も、日々の小さな仕事の積み重ねですが、

廣田さんの花の栽培は、それ以上に日々の努力の積み重ねだと思います。

またお会いしたい素敵な方でした。

そして、廣田さんの周りにいらっしゃるお仲間も素敵な方々が集まっているのだと感じました。


さて、この後はお昼ごはん・・・ですが、

近所のうどん屋さんが廣田農園のカレンデュラをトッピングした

うどんのメニューを出しているとのお話を聞き、食べに行くことにしました。

廣田さんに見送っていただき、うどん屋さんに向かいました。


(次のブログに書きます。)


081-13B.jpg


インスタグラムはこちらから


フェイスブックページはこちらから


オンラインショップ(ツクツク店)



What's New?